HOME > 運輸安全マネジメント

株式会社宮島運輸は、送迎バスはもちろん観光バスの安心・安全を徹底教育し継続的改善を社長をはじめ、全従業員に周知徹底を目指し安全マネジメントのスキルUPに取り組みます。

1.法令厳守、安心・安全第一
2.運輸安全マネジメント
3.輸送の安全・安心に関する設備投資を実施
4.乗務員の更なる健康管理の取り組み
5.輸送の安全に関する情報は、迅速に乗務員に伝える
6.最新コロナ対策や最新装置の導入を積極的に行い従業員を最大限守る

『あと少し、我慢 皆でこの未曽有の難局を乗り切ろう‼』

コロナに負けない!細心の注意を払って、コロナ禍をみんなで乗り切ろう!
初心に返り、安心安全運転を心掛け、お客様第一主義を徹底しよう!






1.会議
     事故惹起者の事故聴き取り・(なぜなぜ分析の活用)適性診断の活用
     他の乗務員に対して緊急会議を開き、事故に対しての迅速なフィードバックを行う

2.教育・研修
     毎月の乗務員教育(コロナ対策をしたうえで、少人数に班分けして行っている)

3.その他の取り組み
     ・最新コロナ対策器材導入
     ・SAS(睡眠時無呼吸症候群) (年1回)
     ・健康診断 (年2回)
     ・インフルエンザ予防接種 (年1回)
     ・脳ドック (年1回)
     ・PCR検査 (本人希望時)

4.投資計画(令和3年度)
     総額 ¥400,000


事故報告書提出件数 0件(軽微な事故 3件)

   ・人身事故 0件
   ・物損事故 1件
   ・車内事故 0件
   ・車両故障 1件
   ・自損事故 1件

※健康起因(体調不良からの事故報告はありません)


弊社「安全管理規定」別表1に記載されている通りです

「安全管理」組織体制図(PDFファイル/48.3KB)

<令和2年度 安全方針 目標達成度>

    ・全従業員に安全安心の意識向上を教育徹底 ⇒ 毎月の会議・教育で周知徹底できた
    ・法令規定を厳守 ⇒ 違反者 0名

        毎年、運転士の運転記録証明を取得し、勤務中・プライベート関係なく
        違反が有る運転士に対して個別に指導・教育している。
        点呼時のアルコール検出者 0名

    ・事故前年比 40% 削減

        

    (令和2年度事故内容)
    ・物損事故
     └右折にて駅ロータリー進入時、自車左ミラーを停車中の相手方車両右ミラーに接触させた。(ケガ人なし)

    ・自損事故
     └猫の急な飛び出しに対し、ハンドルで回避した際に左ミラーをフェンスに接触させた。(ケガ人なし)

    ・車両故障
     └お客様を乗せ運行中、エンジントラブルにより停車。お客様には庸車に乗換えていただいた。


<本年度は、更なる事故削減を目指します 目標 事故0件!>



<健康管理の取り組みを推進します>

出社時の体温、血圧を計測し、自己管理を徹底
※37.5℃以上の熱がある場合は、仕事を欠勤させる。

・年2回(6月・12月) 健康診断
・年1回(12月) 脳ドック
・年1回(12月~3月末) SAS
・年1回 インフルエンザ予防接種
・本人希望時 PCR検査




運輸部 部長 吉森 幸雄




■2019/3/18
保険の詳細内容」を更新!
■2020/6/19
「運行管理者試験」のリンク更新!
■2021/6/8
「令和3年度運行管理者試験」のリンク更新!